HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

鼻顔稲荷神社
鼻顔稲荷神社
正式名称/別称はなづらいなりじんじゃ
鼻顔稲荷神社
規模 ★★★★☆斜面部:整地基壇(石垣)
懸造り部:木造/鉄筋 朱塗り 桁行?間 梁間一間 貫四段 筋交あり
上屋部:木造 朱塗り 切妻造り 桁行?間 梁間四間
文化的価値 ★★☆☆☆永禄年間(1558〜1569) 建立
宗教的価値 ★★★☆☆祭神:宇迦乃御魂命、猿田彦命、大宮能売大神
五大稲荷
稲荷系
秘境度 ★★☆☆☆山道なし 石段あり
長野県佐久市岩村田4261
JR岩村田駅より徒歩約15分
眺望 ★★★☆☆西面よりほぼ三面、湯川と佐久市街が見渡せる
州東信の懸造りめぐりの最後は、佐久市にある鼻顔稲荷神社(はなづらいなりじんじゃ)に行った。郊外を流れる湯川(ゆかわ)の川岸に、一際目立つ朱塗りの懸造り社殿が立っていた。名前も建物もちょっと変哲なイメージがしていた神社だったが、京都の伏見、愛知の豊川、佐賀の祐徳、茨城の笠間に並ぶ五大稲荷というらしい。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
JUL. 2009
鼻顔稲荷神社1
川岸から見上げた鼻顔稲荷神社の社殿
全くもって神社っぽくない雰囲気
鼻顔稲荷神社2
横に長く、古い木造校舎のような造りだった
鼻顔稲荷神社3
鳥居のある石段を昇ったところから見た、前方の崖と懸造り
全て木造の柱ではなかった
鼻顔稲荷神社4
社殿の入口
ここから建物の左側を行く廊下は、全て懸造りの上にあたる
鼻顔稲荷神社5
長〜い廊下の終点に、ようやく拝殿があった
あまり掃除や手入れもされていない感じで、他に参拝者もいなかったので、B級神社の臭いがプンプン
鼻顔稲荷神社6
廻縁などは無く、窓と壁の外はすぐに崖になっていた