HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

寛永寺 清水観音堂
寛永寺 清水観音堂
正式名称/別称とうえいざん かんえいじ きよみずかんのんどう
東叡山 寛永寺 清水観音堂
規模 ★★★☆☆斜面部:整地基壇(コンクリート)
懸造り部:木造 黒塗り 桁行九間 梁間三間 貫二段 舞台型
上屋部:木造 朱塗り 入母屋造り 本瓦葺き 桁行五間 梁間四間 勾欄付廻縁兼舞台
文化的価値 ★★★★★重要文化財
寛永8(1631)年 建立
宗教的価値 ★★★☆☆本尊:千手観世音菩薩
開山:慈眼大師天海
江戸三十三観音札所(霊場) 第六番
清水系
秘境度 ★☆☆☆☆山道なし 石段あり
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-29
京成上野駅より徒歩約3分
眺望 ★★☆☆☆西面よりほぼ三面、上野公園、不忍池が見渡せる
京都心の上野公園内にも懸造りがあった。不忍池の弁天堂を眼下に見下ろす斜面に建つ、寛永寺に属する清水観音堂(きよみずかんのんどう)だ。徳川家康〜家光の三代将軍に仕えた天海大僧正が、江戸の街の守りとするため、京都の清水寺や比叡山になぞらえて創建したのが寛永寺である。観音堂の懸造りは、江戸時代より歌川広重の浮世絵にも描かれ、人気があったといわれている。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
AUG. 2009
寛永寺 清水観音堂1
かつては、少し北側の摺鉢山にあったが、現在の地に移されたらしい
寛永寺 清水観音堂2
広重の迫力のある懸造りとは違い、現在では、おそらく史上最低の低さの懸造りといっていいだろう
寛永寺 清水観音堂3
舞台としてはなかなか広々としていて、上野公園散策の休憩に立ち寄る人も多かった
寛永寺 清水観音堂4
訪れた夏場は、周りの木々がうっそうと生い茂ってしまい、見晴らしが全くといって良くなかった
今度は、秋から冬にかけて来てみよう!