HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

目黒不動尊
目黒不動尊
正式名称/別称たいえいざん りゅうせんじ
泰叡山 瀧泉寺
規模 ★★★☆☆斜面部:整地基壇(コンクリート)
懸造り部:鉄筋コンクリート造
上屋部:鉄筋コンクリート造 入母屋造り千鳥破風縋破風唐破風付 本瓦葺き
文化的価値 ★☆☆☆☆大同3(808)年 創建
昭和56(1981)年 大本堂再建
宗教的価値 ★★★★☆本尊:不動明王
開山:慈覚大師円仁
江戸三十三観音札所(霊場) 第三十三番
関東三十六不動霊場 第十八番
江戸五色不動
秘境度 ★☆☆☆☆山道なし 石段あり
〒153-0064
東京都目黒区下目黒3-20-26
東急目黒線不動前駅より徒歩約15分
眺望 ★★☆☆☆南面(正面)よりほぼ三面、境内全域が見渡せる
本三大不動やいくつかの地方札所の一つに数えられる目黒不動尊(めぐろふどうぞん)は、都内の下町風情あふれる町並みを抜けた先にある。斜面に広がった境内には、数多くの堂宇が立ち並んだ歴史ある寺院のようだが、本堂の懸造りは鉄筋コンクリート造りだった。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
NOV. 2010
目黒不動尊1
石段の脇の木々に覆われた斜面には、前不動堂や垢離堂など、いくつかの堂宇が並ぶ
目黒不動尊2
大本堂の裏から見ると、斜面に建てられた懸造り建築だとわかる
目黒不動尊3
石段や舞台の前の階段を登り詰めて、たどり着く大本堂
目黒不動尊4
近年、建て替えられた本堂は鉄筋コンクリート造りの懸造りだが、浮世絵や古文書等には、以前の本堂も懸造りだったという記録がない