HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

羅漢寺 千体地蔵堂
羅漢寺 千体地蔵堂
正式名称/別称ぎしゃくつせん らかんじ せんたいじぞうどう
耆闍崛山 羅漢寺 千体地蔵堂
規模 ★★☆☆☆斜面部:自然懸崖 岩屋あり
懸造り部:木造 桁行七間 梁間一間 貫二段 投入型舞台型
上屋部:木造 切妻造り 板葺き 桁行七間 梁間二間 勾欄付舞台
文化的価値 ★★☆☆☆日本遺産
万延元(1860)年 建立
宗教的価値 ★★☆☆☆本尊:千体地蔵菩薩、十王尊
開基:普覚禅師
日本三大五百羅漢
秘境度 ★★★★★耶馬日田英彦山国定公園
耶馬溪六十六景 第九景
九州自然歩道
山道なし 石段あり トンネルあり リフトあり
〒871-0311
大分県中津市本耶馬溪町跡田1501
眺望 ★★☆☆☆南面よりほぼ三面、目の前の林や山門が見渡せる
分県を代表する名勝、耶馬溪(やばけい)にある岩窟の古刹、羅漢寺(らかんじ)。ここまで懸造りをめぐってきて、大分とは「崖と岩石の王国」だと感じてきていたのだが、その最たるお寺がここだった。何といっても、山中に境内があるだけでなく、数ある堂宇のほとんどが崖の窪みの内側にあるのだから!
PHOTO BY OLYMPUS E-620
NOV. 2011
羅漢寺 千体地蔵堂1
羅漢寺の駐車場近くから、何とリフトに乗って山の中腹まで行ける
そこから千体地蔵堂は目と鼻の先
羅漢寺 千体地蔵堂2
まるで中国の山奥かシルクロードにでもあるような、荒々しい岩山と木造寺院の組み合わせ
崖に寄りかかった山門は、とても印象的
羅漢寺 千体地蔵堂3
ここも雨に全く濡れない崖の内側に、無数の石仏が安置されていた
羅漢寺 千体地蔵堂4
室町時代に石仏が安置されて約500年後に、崖に舞台が設けられたという
羅漢寺 千体地蔵堂5
荒々しい奇岩が連なる耶馬溪を望める、格好の舞台になっている
羅漢寺 千体地蔵堂6
それほど年代の経っている懸造りではないのだけど、この黒々とした容姿は、周囲の白い絶壁とは対照的に際立っている
羅漢寺 千体地蔵堂7
千体地蔵堂や山門の更に先にある無漏窟(むろくつ)は巨大な岩窟になっていて、羅漢寺を象徴するスポット
羅漢寺 千体地蔵堂8
釈迦の弟子とされる五百羅漢の石像が、岩窟内全体に所狭しと並んでいる