HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

山寺 五大堂
山寺 五大堂
正式名称/別称ほうじゅさん りっしゃくじ ごだいどう/ごだいかく
宝珠山 立石寺 五大堂/五大閣
規模 ★★☆☆☆斜面部:自然懸崖
懸造り部:木造 桁行一間 梁間一間 貫なし 筋交あり(鉄製) 懸崖型 内側石段あり
上屋部:木造 切妻造り 銅板葺き 桁行三間 梁間四間 勾欄付廻縁
文化的価値 ★☆☆☆☆日本遺産
創建年代不明
宗教的価値 ★★★★☆本尊:五大明王
開山:慈覚大師円仁
最上三十三観音札所(霊場) 第二番
秘境度 ★★★★☆山道なし 石段あり
山形県山形市大字山寺4456-1
JR仙山線山寺駅より徒歩約6分
眺望 ★★★★★南面よりほぼ三面、眼下のJR山寺駅などが見渡せる
山寺 釈迦堂
山寺 釈迦堂
正式名称/別称ほうじゅさん りっしゃくじ しゃかどう
宝珠山 立石寺 釈迦堂
規模 ★☆☆☆☆斜面部:自然懸崖
懸造り部:木造 桁行三間 梁間?間 貫一段 懸崖型
上屋部:木造 切妻造り 銅板葺き 桁行三間 梁間二間
文化的価値 ★★☆☆☆日本遺産
創建年代不明
宗教的価値 ★★★★☆修行者のみ立入可能
秘境度 ★★★★★鎖場あり
釈迦が峰を経てたどり着く(修行者以外立入禁止)
眺望 ★★★☆☆不明(眼下にJR山寺駅などが見渡せるのだろう)
山寺 胎内堂
山寺 胎内堂
正式名称/別称ほうじゅさん りっしゃくじ たいないどう
宝珠山 立石寺 胎内堂
規模 ★☆☆☆☆斜面部:自然懸崖 岩屋あり
懸造り部:木造 桁行二間 梁間?間 貫一段 懸崖型
上屋部:木造 切妻造り 桁行二間 梁間二間
文化的価値 ★★☆☆☆日本遺産
創建年代不明
宗教的価値 ★★★★☆修行者のみ立入可能
胎内くぐりあり
秘境度 ★★★★★橋?梯子?あり
胎内くぐりを経てたどり着く(修行者以外立入禁止)
眺望 ★★☆☆☆不明(開山堂などの諸堂が正面に見渡せるのだろう)
さや 岩にしみ入る 蝉の声」と松尾芭蕉が詠んだのが、ここ山寺(やまでら)だ。切り立った岩の連続で、その付近のわずかなスペースを巧みに利用した堂宇群が面白い。一通り参拝して戻ってくると、垂直方向の立体的な境内の印象が残るのは、このお寺ぐらいだろう。そんな険しい断崖もあってか、三つある懸造りのうち、五大堂(ごだいどう)以外の残り二つは一般の参拝者には立入禁止だった。いつの日かどんな手段を使ってでも、釈迦堂(しゃかどう)、胎内堂(たいないどう)からの眺望レポートを書きたいと思った。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
SEP. 2012
山寺1
JR山寺駅から山寺への参道へ向かう途中にある宝珠橋
この橋からが、二つの峰の上にある、五大堂や釈迦堂を見上げる抜群のビュースポットで、参拝に行かない人でも、通りかかった車の中からでも、記念撮影する人が多い
山寺2
参拝券を買って、石段を昇りはじめると、途中までは巨木に抱かれた荘厳な雰囲気
山寺3
長かった石段を昇り詰め、仁王門を抜けると性相院に着く
穴だらけの絶壁に埋め込まれたような胎内堂が真上に見える
山寺4
釈迦が峰という断崖絶壁の頂上に、釈迦堂が見える
山寺5
性相院からちょうど振り返ったところ
左が山寺で最も古い建物の納経堂、右が慈覚大師円仁に由来する開山堂
山寺6
開山堂の右脇から石段を昇ると、いよいよ五大堂の直下になる
山寺7
五大堂の床下を潜り抜けて昇っていく
桁行も梁間も一間だが、懸造りの中が正規の参詣ルートというのは珍しい
山寺8
床下を抜けて、今度は振り返るとそこが五大堂の入口
山寺9
さあ、これが懸造り史上最高と断言してもよい、五大堂内からの展望だ!
山寺10
五大堂から眺めた釈迦堂(上)に納経堂(下)
何回見ても、よくこんなところに建てたな...としか思えない
山寺11
何とも言葉に言い表せない大絶景!
さしずめ、空中展望台といったところか
山寺12
下山する前に、胎内堂に接近して観察してみた
この近くから修験者だけが行けるという、胎内くぐりを抜けてたどり着けるらしい