HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

岩阿弥陀 釈迦堂
岩阿弥陀 釈迦堂
正式名称/別称いわあみだ しゃかどう
岩阿弥陀 釈迦堂
規模 ★★☆☆☆斜面部:自然懸崖
懸造り部:木造 桁行三間 梁間二間 貫二段 懸崖型
上屋部:木造 切妻造り+片側寄棟造りの二重屋根 桟瓦葺き(石州瓦) 桁行一間 梁間一間 勾欄付廻縁
文化的価値 ★★☆☆☆創建年代不明
昭和25(1950)年 改築
平成28(2016)年 鳥取県中部地震の土砂崩れで倒壊
宗教的価値 ★★☆☆☆岩阿弥陀
秘境度 ★★★★☆三朝東郷湖県立自然公園
倉吉市保存林「田内城址の森」
山道なし 石段あり
鳥取県倉吉市巌城
眺望 ★☆☆☆☆東面(正面)よりほぼ三面、目の前の木々と岩阿弥陀の巨岩、小鴨川の土手ぐらいしか見えない
取県の中央部、倉吉市内を流れる天神川と小鴨川の合流地点付近で、巨岩に刻まれた「南無阿弥陀佛」の文字がある。これが岩阿弥陀(いわあみだ)と呼ばれていて、そのすぐ裏手に小さなお堂の釈迦堂が建っている。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
SEP. 2014
岩阿弥陀 釈迦堂1
山陰地方特有の赤褐色の桟瓦屋根
切妻造りの下に庇屋根が半分付いたといった方がいいかも...
岩阿弥陀 釈迦堂2
岩阿弥陀の脇からこの懸造りの真下を通り抜け、左手に回りこんでお堂に上がれる
岩阿弥陀 釈迦堂3
おそらく目の前の土手ができる前は、小鴨川に直接面していたのだろうが、現在では全く眺望がない
岩阿弥陀 釈迦堂4
倉吉駅方面から来ると、橋を渡りきったところで「巌城橋西詰」という交差点に差しかかるが、その信号のすぐ奥にこの茶色の瓦屋根だけ見える