HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

大悲閣 千光寺
大悲閣 千光寺
正式名称/別称あらしやま だいひかく せんこうじ
嵐山 大悲閣 千光寺
規模 ★★★☆☆ 斜面部:整地基壇(石垣)
懸造り部:木造 桁行三間 梁間三間 貫三段
上屋部:木造 入母屋造り 銅板葺き 桁行二間 梁間二間 勾欄付廻縁 土足禁止
文化的価値 ★★☆☆☆慶長19(1614)年 建立
昭和34(1959)年 伊勢湾台風で半倒壊
平成24(2012)年 解体修理
宗教的価値 ★★★☆☆本尊:千手観世音菩薩
秘境度 ★★★☆☆山道なし 石段あり
〒616-0004
京都府京都市西京区嵐山中尾下町62
京福電車嵐山駅/阪急電車嵐山駅より徒歩約30分
眺望 ★★★★☆東面よりほぼ三面、眼下を流れる保津川や京都市街を見渡せる
都府には、清水寺をはじめ有名な懸造りが多いが、それとは少しかけ離れた小振りなイメージの懸造りを、京都市西部〜丹後地方を中心にめぐった。一箇所目は京都観光の中心地の一つ嵐山の名を山号に持つ、大悲閣 千光寺(だいひかく せんこうじ)だ。ちなみに「大悲閣」とは、観世音菩薩が安置されている仏堂のことを広く指し、当サイトでもよく登場する名前だが、狭義としてはこの千光寺のことらしい。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
MAR. 2017
大悲閣 千光寺1
観光客でごった返す嵐山の渡月橋から、保津川(桂川)の右岸を1kmほど遡って歩く
大悲閣 千光寺2
徐々に喧騒から離れ、静かな山林に分け入る石段を登っていくと、頭上に大悲閣が見えてくる
大悲閣 千光寺3
ガラス窓で囲まれた大悲閣の内側では、観光客用のお茶の準備がされていた
大悲閣 千光寺4
大悲閣の直下には鐘楼と、緑の水面の保津川が広がる
保津川に沿って走る嵯峨野トロッコ列車も見えた
大悲閣 千光寺5
大悲閣の脇にも懸造りの展望台があった
木造 桁行三間 梁間一間 貫四段
大悲閣 千光寺6
まさに絶景を眺める展望台で、比叡山はおろか京都タワーまで見渡せる
古文書・古画に見る懸造り
大悲閣 千光寺・古写真

仮本堂に飾られていた古写真

昭和53(1978)年12月 撮影

昭和34(1959)年の伊勢湾台風で大きな被害を受けた、千光寺の本堂(右)と大悲閣(左)が写っている。昭和53年の撮影というから、約20年もこの無残な姿のままだったようだ。 この後、本堂は解体され、現在は仮本堂が建っている。 大悲閣の方は、これから更に30年後、ワイヤーで補強されながら持ちこたえ、平成24年にようやく解体修理された。