HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

少彦名神社 参籠殿
少彦名神社 参籠殿
正式名称/別称すくなひこなじんじゃ さんろうでん
少彦名神社 参籠殿
規模 ★★★☆☆斜面部:自然懸崖
懸造り部:木造 桁行五間 梁間六間 貫六段 筋交あり 懸崖型 束柱33本 高さ最大13m
上屋部:木造 入母屋造り二重屋根唐破風付き 桟瓦葺き 桁行五間 梁間六間 土足禁止
文化的価値 ★★★★☆昭和9(1934)年 建立
2014年文化遺産ウォッチ(ワールド・モニュメント財団)
平成26(2014)年 修復
大洲市指定文化財
2016年ユネスコアジア太平洋文化遺産保全賞最優秀賞
平成28年度大洲市きらめき大賞
宗教的価値 ★★☆☆☆祭神:少彦名命/おすくな様
秘境度 ★★★★☆山道あり 石段あり
〒795-0083
愛媛県大洲市菅田町大竹乙937-2
眺望 ★★☆☆☆北面よりほぼ三面、大洲道路と目の前の林が見渡せる
国の懸造りは愛媛県に多いのだが、そのほとんどが何故か大洲市に集中している。中でも象徴的な存在なのが、この少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)の参籠殿(さんろうでん)だ。建築としての歴史は浅いものの、ドラマチックな展開で一躍、世界に名を広めた。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
MAY 2017
少彦名神社 参籠殿1
第二次世界大戦後〜平成の時代にかけて、神社が管理者不在の状態となり、いくつかの堂宇が老朽化、荒廃していた
その結果、現代建築の保存活動を展開していたワールド・モニュメント財団の「危機遺産」に登録されることになる
少彦名神社 参籠殿2
多くの方の寄付や助成支援を受けて、平成26年に参籠殿の修復工事が完了し、現在見られる姿になった
懸造りの修復では、所々にもともと使われていた木材もそのまま残された
少彦名神社 参籠殿3
横から見ると分かりやすいのだが、上屋床面のほとんどが地面に接していない
本当によくこんなところに、この規模の物を建てたなと思えるし、老朽化しても倒壊しなかったところが驚異的だ
少彦名神社 参籠殿4
正面から見た参籠殿
入母屋と唐破風の組み合わせが、どことなく道後温泉本館を彷彿とさせる
少彦名神社 参籠殿5
三面がガラス張りの上屋の内部空間は、広々としていて抜群の解放感
少彦名神社 参籠殿6
束柱は高いところで13mにもなるというから、清水の舞台並み
ここまでの規模の懸造りはそうそうお目にかかれない
高さのある懸造りほど下から見上げた存在感と、上から見下ろした恐怖感がたまらない
少彦名神社 参籠殿7
参籠殿前に新築されたトイレ棟兼社務所
こちらも少し、斜面に迫り出した造りになっている
木造で丁寧な造作なので、落ち着いた雰囲気
少彦名神社 参籠殿8
下宮の近くには、修復工事の際に取り外されたかつての柱や木材が保管されていた
こういった物が残されているのも、とても興味深い