HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

本楽寺 本堂
本楽寺 本堂
正式名称/別称れんげざん ほんらくじ ほんどう/あみだどう
蓮華山 本楽寺 本堂/阿弥陀堂
規模 ★★★☆☆斜面部:自然懸崖、一部整地基壇(石垣)
懸造り部:木造 桁行六間 梁間二間 貫三段 懸崖型
上屋部:木造 入母屋造り 銅板葺き 桁行五間 梁間五間 勾欄付廻縁 土足禁止
文化的価値 ★☆☆☆☆平成2(1990)年 建立
宗教的価値 ★★☆☆☆本尊:阿弥陀如来
秘境度 ★★☆☆☆山道なし 石段あり
〒777-0001
徳島県美馬市穴吹町三島字小島123
JR徳島線小島駅より徒歩約15分
眺望 ★★★★☆東面(正面)よりほぼ三面、護摩堂や枯山水庭園、吉野川が見渡せる
島県では祖谷に宿泊した後、吉野川をずっと下って美馬市にある本楽寺(ほんらくじ)にやってきた。この空が広い地域での懸造りを見てしまうと、谷が細く深く、急斜面にも集落がある祖谷には、何故、懸造りが建てられなかったのだろうと不思議に思えてしまう。山や斜面が多いだけでは、理由にならないということだ。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
MAY 2017
本楽寺1
本楽寺に着き、石段を昇って山門をくぐると、目の前にいきなり枯山水庭園が現れた
本楽寺2
その正面にあるのが立派な入母屋屋根の本堂なのだが、この時点ではまだ懸造りだとは気づかず...
本楽寺3
堂宇の後背部二間分が、岩の上に立った懸造りとなっていた
本楽寺4
勾欄の下からよく見ると、脚柱に貫の入っていない部分もあった
そして奥に見えたのが、この寺二つ目の懸造りのある護摩堂

本楽寺 護摩堂
本楽寺 護摩堂
正式名称/別称れんげざん ほんらくじ ごまどう/ふどうどう
蓮華山 本楽寺 護摩堂/不動堂
規模 ★★☆☆☆斜面部:自然懸崖、一部整地基壇(石垣)
懸造り部:木造 桁行三間 梁間三間 貫一段 懸崖型
上屋部:木造 宝形造り 本瓦葺き 桁行三間 梁間三間 勾欄付廻縁 土足禁止
文化的価値 ★☆☆☆☆平成21(2009)年 建立
宗教的価値 ★★☆☆☆本尊:不動明王
秘境度 ★★☆☆☆山道なし 石段あり
〒777-0001
徳島県美馬市穴吹町三島字小島123
JR徳島線小島駅より徒歩約15分
眺望 ★★★★☆東面(正面)よりほぼ三面、JR徳島線や吉野川が見渡せる
本楽寺5
大小様々な岩と木々が配置された回遊式庭園を過ぎ、石畳を進むと小さな宝形造りが見えてくる
本楽寺6
この護摩堂も正面から見ただけでは懸造りとわからず、回り込んでみて、何とも荒々しい場所に立っていたのかと驚く
本楽寺7
この岩のすぐ下にはJRの線路が通っていて、懸造り越しに徳島線の列車を捉えた
本楽寺8
本堂も護摩堂も勾欄の上からは、JRや国道192号(伊予街道)と平行に流れる吉野川をどこまでも見渡せた
本楽寺9
枯山水といえば、京都の有名寺院だと塀に囲まれた狭い空間に奥行きを感じさせるものだが、ここではその真逆で、雄大な大河も見下ろした解放感がある
本楽寺10
吉野川の対岸、美馬市脇町には「うだつ」のあがった町並みが残る
時代劇のオープンセットのような見ごたえ