HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

磯前神社
磯前神社
正式名称/別称いそざきじんじゃ
磯前神社
規模 ★☆☆☆☆斜面部:自然懸崖、岩屋あり
懸造り部:木造 桁行四間 梁間一(五)間 貫一段 懸崖型 外側階段あり(木製)
上屋部:木造 入母屋造り 銅板葺き(元木羽葺き) 桁行三間 梁間三間 勾欄付廻縁(二面)
文化的価値 ★★☆☆☆田村市指定有形文化財
創建年代不明
明治27(1894)年 再建
宗教的価値 ★★☆☆☆祭神:大己貴神、少彦名神
秘境度 ★★★★☆山道あり 石段あり
福島県田村市常葉町早稲川字上遠野232
眺望 ★★☆☆☆南面(正面)と西面の二面からは、目の前の杉林ぐらいしか見えない
島県には山間部に珍しい造りの懸造りがいくつかあるが、密集はしておらず、広い県内に点々と存在している。田村市にある磯前神社(いそざきじんじゃ)もそのうちの一つで、二回目の福島ツアーでようやく制覇した。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
OCT. 2017
磯前神社1
文化財の案内板の先、杉木立の間に、奇妙な造りの磯前神社の社殿が既に見えていた
磯前神社2
急斜面にゴロゴロと横たわる巨石群に向かって石段を昇ると、社殿の真下に着く
磯前神社3
この懸造り最大の特長は、床下をくぐり抜けていくということ
床下を西から東側へ突き抜けると、そこは岩屋の行き止まりなので、180度ターンして右側の階段からようやく上屋に上がれる
磯前神社4
上屋は狭い廻縁しか居場所がなく、しかも南と西側の二面しかない
磯前神社5
帰りも腰を屈みっぱなしで、同じルートを下る
入口が格子窓のように見えた
磯前神社6
一旦、石段を下りて別ルートの山道を少し登ると、 社殿の正面に出るが、ここからは眺めるだけ
この険しい立地は投入堂に近い感じがした