HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

普光寺 護摩堂
普光寺 護摩堂
正式名称/別称ちくしおさん ふこうじ ごまどう
筑紫尾山 普光寺 護摩堂
規模 ★★☆☆☆斜面部:自然懸崖 岩屋あり
懸造り部(護摩堂):木造 桁行六間 梁間一間 貫二段 投入型
上屋部(護摩堂):木造 桁行三間 梁間三間 宝形造り 板葺き 勾欄付廻縁
懸造り部(舞台):木造 桁行五間 梁間二間 貫二段 勾欄付 投入型舞台型凸型
文化的価値 ★★★☆☆創建年代不明
宗教的価値 ★★☆☆☆磨崖毘沙門天
秘境度 ★★★★☆おおいた豊後大野ジオパーク
山道なし 石段あり
〒879-6213
大分県豊後大野市朝地町上尾塚1225
眺望 ★★☆☆☆南面よりほぼ三面、あじさい園や普光寺の本堂が見渡せる
分県は崖に刻まれた磨崖仏の宝庫で、この普光寺(ふこうじ)では、 懸造りとのセットで見ることができる。 県南部は国東半島などがある北部と違って懸造りは少ないが、巨大な磨崖仏が多い気がする。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
SEP. 2018
普光寺 護摩堂1
駐車場から坂を下ってたどり着く普光寺
山門を越えてすぐ左手が、磨崖仏と護摩堂を見渡せるビューポイント
この距離感で投入型懸造りを見られるのは、迫力もあり新鮮味もある
普光寺 護摩堂2
河岸段丘の崖の内側をスプーンでくり抜いたような岩屋に、護摩堂が納まっている
普光寺 護摩堂3
高さ11.3m、日本一の大きさを誇る不動明王三尊磨崖仏
普光寺 護摩堂4
今回の九州ツアーでは、一箇所に二つの懸造りがあるサイトが多い
ここも一方が上屋のない舞台になっていた
普光寺 護摩堂5
二つの丸い岩屋が並んでいるうち、右手奥にあるのが古風な造りの護摩堂
普光寺 護摩堂6
舞台の上にはオルガンが設置されていて、岩屋を利用した音楽ホールとして使われるらしい