HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

風雲庵 観音堂
風雲庵 観音堂
正式名称/別称おおさとやま ふううんあん
大里山 風雲庵
規模 ★☆☆☆☆斜面部:整地基壇(石垣)
懸造り部:木造 桁行五間 梁間三間 貫二段 脚柱16本脚高約2m
上屋部:木造 入母屋造り 銅板葺き 桁行一間 梁間三間 勾欄付廻縁
文化的価値 ★★☆☆☆創建年代不明
永禄4(1561)年 再建
元禄5(1692)年 現在の地に移築
宗教的価値 ★★★☆☆本尊:聖観世音菩薩/清野観音
信濃三十三観音札所(霊場) 第四番
秘境度 ★★☆☆☆山道なし 石段あり
長野県長野市松代町清野宮村452
眺望 ★☆☆☆☆東面(正面)よりほぼ三面、目の前の林と墓地ぐらいしか見えない
野県長野市の南東に位置する松代町には、狭いエリアに懸造りの寺社が多く残る。川中島の合戦が繰り広げられたり、真田十万石の城下町としても栄えたりと、中世から名だたる戦国武将たちが群雄割拠した地である。まず最初に訪れたのは、川中島最大の戦いとして有名な第四回の合戦で、上杉軍が立て篭もった妻女山(さいじょさん)の麓にある、風雲庵(ふううんあん)だ。奇しくもこの寺は、川中島の戦勝祈願で武田信玄が寄進したと伝えられる。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
AUG. 2011
風雲庵 観音堂1
両脇の石仏に囲まれた石段を昇りつめると、すぐ正面に懸造りの観音堂が現れる
風雲庵 観音堂2
かなり小さな建物で、懸造りとしても清水観音堂を抜いて、史上最低の高さを更新したかも?
風雲庵 観音堂3
眺めはそれほど良くなく、斜面に展開する墓地とそれを囲む木々が見えるだけ
風雲庵 観音堂4
観音堂としては、あまり伝統的な造りの建物ではないかな?