HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

山王坊日吉神社
山王坊日吉神社
正式名称/別称さんのうぼうひえじんじゃ
山王坊日吉神社
規模 ★★☆☆☆斜面部:自然懸崖
懸造り部:木造 桁行七間 梁間二間 貫三段 懸崖型
上屋部:木造 切妻造り 銅板葺き 桁行七間 梁間四間 勾欄付廻縁 土足禁止
文化的価値 ★★★☆☆国指定史跡
創建年代不明
昭和38(1963)年 増築
宗教的価値 ★★☆☆☆祭神:大山咋命
秘境度 ★★★★☆東北自然歩道
山道なし 石段あり
〒037-0401
青森県五所川原市相内岩井84
眺望 ★☆☆☆☆南面(正面)よりほぼ三面、森林の中にある境内が見渡せる
北端の懸造りが青森県津軽半島にある。山王坊日吉神社(さんのうぼうひえじんじゃ)はその名から、滋賀県大津市に総本宮がある日吉大社系であることがわかる。険しい地形ではないが、熊でも出そうな鬱蒼とした森に現代的な造りの拝殿が建っている。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
MAY 2019
山王坊日吉神社1
特徴的な形の日吉系鳥居だが、 さらにここオリジナルなのが、頂上部にもう一つ笠木があること
「山王」の字が隠れているらしい
山王坊日吉神社2
この山王坊一帯は、戦国時代よりも前の中世に大伽藍の寺院があったとして、国指定史跡に登録された
山王坊日吉神社3
拝殿内部はちょっとした体育館のよう
祭壇は御神体のある本殿から続いた渡り廊下に面している
山王坊日吉神社4
下草が少なく苔むした森林の境内は、まさに神域といえる荘厳さを感じる