HOME 懸造りコレクション 懸造り一覧(都道府県別) 懸造り一覧(宗教別)
懸造り訪問履歴 懸造りランキング 懸造り用語集 古文書・古画集
真田氏と懸造り 掲示板 参考文献、リンク集 更新履歴
番外編:仏塔 番外編:さざえ堂 番外編:天守 番外編:湯屋

臥龍山荘 不老庵
臥龍山荘 不老庵
正式名称/別称がりゅうさんそう ふろうあん
臥龍山荘 不老庵
規模 ★★☆☆☆斜面部:自然懸崖、一部整地基壇(石垣)
懸造り部:木造 桁行五間 梁間四間 貫四段 懸崖型
上屋部:木造 寄棟数寄屋造り 茅葺き 桁行三間 梁間二間 土足禁止
文化的価値 ★★★★☆重要文化財
NHK 世界名建築100選
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン ★一つ星
明治34(1901)年 建立
平成8(1996)年 解体修理
宗教的価値 ★☆☆☆☆なし
秘境度 ★★★☆☆山道なし 石段あり
〒795-0012
愛媛県大洲市大洲411-2
眺望 ★★★☆☆南面よりほぼ三面、眼下を流れる肱川の臥龍淵や冨士山が見渡せる
洲市内四件目の懸造りがある、臥龍山荘(がりゅうさんそう)を訪れた。少彦名神社から始まって、ここまでわずか3時間程度。この密度の濃い城下町には、全くもって驚くばかりだ。この臥龍山荘も建物の数こそは少ないが、様々な要素がぎゅっと詰まった、非常に日本的な空間だった。
PHOTO BY OLYMPUS E-620
MAY 2017
臥龍山荘 不老庵1
臥龍山荘へ向かう途中の大洲市中心部には、石畳や赤レンガ館、明治の家並みなど、古き良き風景が残されていた
臥龍山荘 不老庵2
臥龍山荘に着き黒門をくぐると、石垣の間からニョッキリ伸びたチシャノキがご挨拶
臥龍山荘 不老庵3
山荘に入って最初の見どころ、茅葺き屋根で書院造りの臥龍院
京都の桂離宮や修学院離宮などがモデルになっている
臥龍山荘 不老庵4
苔むした庭園を飛石づたいに歩いていくと、肱川に面した不老庵が見えてくる
臥龍山荘 不老庵5
この庵全体を舟に見立てて、かまぼこのような穹窿(きゅうりゅう)状竹網代(たけあじろ)張りという趣向を凝らした天井になっている
臥龍山荘 不老庵6
高さを感じる廻縁からの眺め
真下には肱川を行く渡し舟も見える
対岸の山中にある建物は、如法寺のすぐ下にある帝京中学校・高等学校
臥龍山荘 不老庵7
臥龍山荘の由来、龍が伏したように見える蓬莱島(山)
その突端にある東屋は、不老庵を眺められるちょうど良いポイント
臥龍山荘 不老庵8
臥龍淵の対岸から見上げた不老庵
絶壁だが、眺望が抜群な位置に建っている
て、ここまで大洲市の懸造りをめぐってみて、この密度の濃さは、真田氏の里の一つ長野市の松代以上かと思えた。なぜこの地域に密集しているのかを考えるのに、大洲市や肱川のことを調べてみると、不思議と松代に共通する事項を見つけた。「盆地」「城下町」「水害」「朝霧」である。真田のページでも懸造りが多い理由として、水害を含む天災に備えるためと、治水利水に力を入れた城主を挙げたが、前述の要素のうちこれにハマらず残ったのが「朝霧」になる。
朝霧が多い地域だと、懸造りを建てたくなるのだろうか。低い位置に立ち込める霧を高い崖の上や山の斜面から望むには、懸造りは確かにうってつけの建築ではある。
蛇足だが、松代からもほど近い筆者の郷里・長野県須坂市には、臥竜山、臥竜公園、竜ヶ池という名所があり、また古い蔵が残る製糸業の町であることから、この大洲はとても他の地に来た気がせず、親近感を覚えた。ちなみに須坂にも蔵の町並みの一角に、懸造りが一つ存在する。